NOTHING BUT MUSIC!!

鳥取県米子市冨士見町の貸音楽スタジオEARTH SONICKです♪

スポンサーサイト

Posted by studio EARTH SONICK on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おんがく、おんがく。

Posted by studio EARTH SONICK on   0 comments   0 trackback

こうして事務所のPCに向かっているときも、
スタジオ利用者様の演奏の音が聞こえてきます。

シャウトするようなボーカルも。
ダッシュしているようなドラムスも。
底から響くようなベースも。
哀愁漂うギターも。


どの音も、ひとつも欠けたらいけない。
それぞれの出す単音が重なり合い、ぶつかり合って混ざり合って、
そこで初めて「音楽」が生まれるのだな、と。


しみじみ思った梅林なっちょです。


今の世の中、PCひとつあれば立派な演奏が作れるのだそうです。
楽器がなくても、ですよ。
それはそれで文明と言いますか進化とでも呼びますか。

でもなんだか味気ない気もするのは私だけかな?


それぞれの楽器にも、歌声にも、発せられた時に初めて
人の心がこもるのではないかな、と思います。


音楽には、それを作った人たちのそれぞれの想いが、
ぎゅっとぎゅぎゅっとこめられているから、
聞いた時、感動したり、元気をもらったり、悲しい気持がうつったりする。


作り手の心と聞き手の心が重なるから、
語らなくてもわかりあえるものがあるから、
人は大昔から音楽と共存してきたのではないでしょうか。


PCで作る音楽、それもいい。
でも、やっぱり、人の心からあふれ出してくる感情は、
楽器や歌と言う回り道をして初めて、誰かに伝わる。


今もAスタジオから、駆け出したくなるような演奏が聞こえてきます。


これぞ、音楽です。









スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://earthsonick.blog116.fc2.com/tb.php/118-19e711f7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。